椅子などに腰掛けている時に、たまに電気が走った様な痛みを感じる。


椅子や床に座っている時に、たまに電気が走った様な痛みが走るときがある。痛みのレベルは様々で、微かに骨がなった様な痛みの時もあれば、強い衝撃波の様なものが走り、しばらくジンジンと痛みの余韻が残るときがある。

 

一度、椅子から立ち上がった時に、強い衝撃と共に、便意の様な不思議な感覚がしばらくあり、三十分から一時間くらい歩けなくなる様になった事があり、周りにいる人たちに迷惑をかけてしまったことがあった。

 

椅子や床に座っている時に、体勢を変えてなる事が多い。立ち作業を行っている時になった事もあり、いつ来るか怖がっている部分もある。

 

一度病院にかかった事もあるが、ヘルニアではないという診断結果であった。今では衝撃の頻度が減っているので、昔ほど神経をとがらせているわけではないが、当時の状況を考えれば、動かなければいけない時に動けなくなる危険性もあったので、恥をかく可能性があった事もあり、大変不便な思いをしていた。

 

 

育児は体験していくことで自分も成長していくものですよね。
育児が始まれば、今度は別の要因で腰を痛めたりすることがあります。
悩みを抱え込まず、適度に発散することでうまく自分と付き合うようにしたいですよね。

マッサージを受ける事で改善した。


家の近くに整体があったので、継続的に受け続ける事で症状の緩和、また、今となっては殆ど完治した状態になった。

 

整体の先生が言うには、長年整体などのボディーメンテナンスを受けていないために、骨盤の歪みが大きくなっており、腰痛が起こっていたとの事で、一度受けただけで感覚的に全く違った。

 

具体的には、腰の周りが軽くなった様な感覚があり、歩くときも足取りが歩くなった様に感じていた事を覚えている。

 

また、一度ボディーメンテナンスを受けただけでは、癖でまた戻ってしまう可能性があるとの事で、長期的に受け続けていく事で、今では全く腰痛の症状か出なくなるまでに緩和した。

 

また、直接的な改善は整体にあったと思うが、個人的には、禁煙も効果があったのではないかと思う。血行が良くなり、たまに首などにも衝撃があったのが緩和されたので、喫煙による血の流れが悪かった事も要因の一つであった様に思い、禁煙も効果があったのではないかと考えている。

関連する記事はこちら